【年末】クリスマスディナーにおすすめしたい大阪のオシャレで美味しいレストラン5選!

 

 

 

大阪でクリスマスディナーなら!

 

 

【新福島】ラ・ルッチョラ

福島駅徒歩3分の『ラ・ルッチョラ』は超有名シェフが腕をふるう人気イタリアン。外観がもうオシャレ。もうオシャレ。

 

 

建築士が手掛けたという店内は洗練されてます。L字カウンター10席は雰囲気バツグン。目の前で超一流の調理を見られます。

 

 

ロメインレタスの炭焼き

¥8,000コースを注文。名前の時点でオシャレな「レタスの炭焼き」は味も最強でした。サツマイモチップス、菊の花といった助役が主役を引き立てる。

 

 

近江牛のハラミステーキ

魚介中心のお店ですがお肉もクソうまい。菊芋ソースに引き立てられた和牛は最強。赤ワイン飲みたい。

『ラ・ルッチョラ』
・想定予算¥10,000〜¥20,000
・休み:火曜日、営業時間18:00〜
※情報はすべて2019年1月時点

 

 

 

 

【北新地】グローバルとんかつわたなべ

北新地駅徒歩5分。デザイン性の高い豚のロゴが目印です。「とんかつ」と「デート」という遠い2点をガッチリ結んだお店です。

 

 

カウンターテーブル共にデートにピッタリ。

 

 

フォアグラとんかつ

¥4,900のコースを注文。オシャレなお店はお皿の真ん中にすら置かないんです。

 

 

うまいん。上質なお肉にフォアグラの香りが加わってめちゃくちゃうまい。他にも、

 

 

ロースとんかつ

ロースとんかつなんかも最高ですよ。ぜひ。

『グローバルとんかつわたなべ』
・想定予算¥7,000〜¥12,000
・休み:日.祝、営業時間18:00〜
※情報はすべて2019年11月時点

 

 

 

 

【福島】Cuchibashi

お次に紹介するのは『cuchibashi』。隠れ家という言葉がこれほど似合うお店はない。

 

 

ささみ

肉厚でぶりんぶりんな食感が印象的。はじけ飛ぶ肉汁は絶妙な火入れの証明。パプリカペーストが乗ってるってのもいい。

 

 

たまごかけご飯

名前と見た目が違いすぎて戸惑う。

 

 

別皿でこんな感じでいただきます。うまい。

 

 

せせり

いまにも肉汁が弾け出てきそうな「せせり」。うまい。

『Cuchibashi』
・想定予算¥7,000〜¥10,000
・休み:不定休、営業時間17:00〜
※情報はすべて2019年12月時点

 

 

 

 

【大阪難波】素敵館

大阪難波の『素敵館』はビル5階にひそむ鉄板料理屋です。隠れ家感バリバリの外観とは対照的に、

 

 

上品さとアットホームさを兼ね備えた過ごしやすい空間が広がっています。カウンター、テーブル、6名以上の完全個室完備。

 

 

チョウザメとロースの刺身

お肉だけではありません。キャビアで知られるチョウザメの刺身は味わったことのない旨味がありました。

 

 

タン元ステーキ

タンの中で上質な部位だけを厳選して提供してくれます。待ってましたと言わんばかりの肉汁と肉質は言うことなし。最高です。

 

 

フィレ肉のカツ

最高の連続。しかもこれフィレステーキの後に出てくるんですよね。メインが2回続くパターン。最高。

『素敵館』
・想定予算¥13,000〜¥30,000
・休み:ナシ、営業時間17:00〜
※情報はすべて2019年11月時点

 

 

 

【新福島】Akami

朝日放送の真裏。タワマンの施設内にある『Akami』。おいしいラム肉が食べられるお店です。

 

 

背の高い扉を通るとパーティー会場のような空間が待ち受けてます。全席テーブルで40席ほど。高まる。

 

 

スプリングラムチョップ

¥845

春先の牧草を食べて育った子羊。臭みは一切ありません。赤身本来の旨味をストレートに感じられます。

 

 

ワカヌイ スプリングラムラック

¥6,370

ラムチョップと同じく赤身肉の旨味をど真ん中直球で味わえます。

 

キャッスルロック シャルドネ

赤身肉には赤ワイン…ですが、白ワインしか撮っていませんでした。痛恨。

『Akami』
・想定予算¥10,000〜¥20,000
・休み:不定休、営業時間17;30(夜)
※情報はすべて2019年2月時点

 

 

 

まとめ

特別な夜にぜひ。味は保証します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です