【堂島】炉端焼き✖︎BAR。大阪にある独特空間でうまい肉とうまい酒を楽しむ〜『囲炉裏バーkp』〜

 

店舗情報

基本情報

『囲炉裏バー kp』
・北新地駅から徒歩約2分
・予算:¥5,000〜¥7,000
・休み:日曜。営業時間:18:00〜25:00。ランチ⇨11:30〜14:30(土はナシ)。

 

炉端焼き✖︎BAR。正反対に位置する両者を見事にマッチさせで人気を博しているお店が堂島にあった。大阪のグルメインスタグラマー達がそろって投稿しているのを見て、早速、お邪魔してきた。

 

 

外観

桜橋の交差点から南西へ。新地から少し離れた場所にあり、間口が小さく見落としがちな外観だ。前を通っても気が付かないほどひっそりと構えていて、隠れ家的雰囲気が漂う。

 

内観

こじんまりとした店内にはテーブルもあるけどカウンター席が中心で、細長い囲炉裏スペースがある。ハイチェアな椅子がバーっぽい大人な雰囲気を醸し出している。目の前でお肉や野菜を焼きながらお酒を飲む、新鮮なスタイルだ。

 

 

お料理

特上ユッケ

¥1,200

「オススメください!」と言ったら食い気味で出して頂いた。美しいビジュアルに加えて食感がしっかりしていて〝肉肉しさ〟を感じられる。「美味しくないユッケ」に出会ったことないけど、こちらも当然、うまい。口の中でフワッと溶け込む感じが最高だ。

 

 

刺身盛り

¥1,600

アナゴ、ハモ、カキ、ウニ、サワラ、白子、ヒオウギ貝と、海の幸がズラリ。囲炉裏バーというくらいだから焼き物だけを想定していたけど、海鮮系のレベルも高い。なかでもハモが最高で、お酒に合います。

 

 

特上焼盛り

¥1,580

囲炉裏の出番。牛肉は熊本のブランド牛「和王」、鶏も同じく熊本の「天草大王」。どちらも有名な銘柄だ。豚は鹿児島の「六白黒豚」という種類で、一般の豚より出荷までの期間が長いと言われていて、簡単に嚙み切れる柔らかさとさっぱりした脂が特徴だ。

 

赤身と霜降りとかバランスよく盛り付けられており、1枚1枚が小ぶり。全ての部位を思い出せないほどたくさんの種類を少しずつ味わえる。ガッツリ!というよりも、お酒のアテとして楽しむのがオススメ。

 

 

和牛混ぜご飯

和牛すじカレー

牛すじは甘辛く煮て炙っているから、風味がほんのり香ってくる。カレー自体はそれほど辛くない。ちなみに和牛混ぜご飯もそうだか基本的にはランチ専用で、夜にいただけるかどうかはその日の都合次第だそうだ。

 

 

食材

牛肉の「和王」は熊本経済連が供給する黒毛和牛の枝肉の中から生後28ヶ月以上➕5.4等級の中から厳選され、初めて「和王」と呼べるほど最高ランクのブランド牛。

 

鶏肉の「天草大王」は〝固すぎず柔らかすぎない絶妙な歯ごたえ〟が特徴とされている。鶏自体が大きく肉量が豊富な上、全ての部位を無駄なく使うことができ、プロの料理人から非常に高い評価を得ている。

 

主に九州から取り寄せられたこだわりのお肉たちは、どれも絶品だ。

 

予算

💰¥11,000💰(2人あたり)

 

ビール、焼酎を3杯ずついただいて2人でこの値段。しっかり飲み食いすればそこそこ出費の覚悟は必要だが、ブランド肉や全国の海の幸を味わえると考えれば、サラリーマンにとっても許容範囲だと思う。

 

感想

今回いただいた以外にも、魅力的な食材が揃っているそうで、たとえば北海道産の「生ボタン海老」や「特上生雲丹」、三重県産の「大シジミ」などなど。お肉も同様で、日によって違うおいしい食材を味わえるのが良い。

 

カウンター越しにマスターが焼き加減を見てくるから、お酒に酔いしれながらでもベストなタイミングでお肉をいただける。「囲炉裏バー」という独特な雰囲気とマスターの物腰柔らかさがあいまって、非常に居心地が良い。

 

深夜1時まで営業していて使い勝手も良し。デートや1人など、まったりとした時間を過ごしたい時に思い出す。

 

ガッツリ食べたい人よりも、「お酒とお肉をゆっくり味わいたい」という方にオススメ。飲食店で溢れる大阪でも珍しいスタイルを貫いている当店で、落ち着いた時間を過ごしてみてはいかがだろうか。

 

関連ランキング:ダイニングバー | 北新地駅西梅田駅渡辺橋駅

囲炉裏バー KPダイニングバー / 北新地駅西梅田駅渡辺橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です