【福島】度肝を抜かれる大阪の豪快マグロ丼。明日行きたい贅沢ランチを紹介します~『海辺の茶屋 しづき』

 

あっと驚くランチを教えましょう。大阪・福島にある『海辺の茶屋 しづき』。マグロのトロがたっぷり乗った絶品海鮮丼をいただけるお店です。他ではなかなか味わえない革新的なランチメニューを、皆様にご紹介します。

 

 

 

店舗情報

 

基本情報

『海辺の茶屋 しづき』
・JR福島駅から徒歩約10分
・予算:¥1,000〜2,000(ランチ)
・休み:日.祝。営業時間:12:00〜22:00(休憩:14:00〜17:00)。個室:ナシ。貸切:可能。専用駐車場:ナシ。全面喫煙可能。

 

外観

JR福島駅を北に出て聖天通商店街を10分ほど歩くと見えてきます。とても綺麗とは言えない外観で、フラっと立ち寄る人はいないのではないでしょうか。グルメ仲間から強く薦められたのでお邪魔することに。

 

内観

ドアを開けると〝実家〟のような温かい空間が広がっています。

 

カウンター11席のみのこじんまりとして作り。この日はお父さんが1人で切り盛りされていました。貸切可能ですから夜1人でしっぽり呑むとか最高かも。

 

 

 

お料理

メニュー

ランチメニューは4種類。

  1. お刺身定食(小)…¥800
  2. お刺身定食(大)…¥900
  3. たっぷり漬け皿丼…¥1,000
  4. まぐろトロわさび特上丼…¥1,300

 

4番が名物とのことなので迷わず注文しました。

 

 

まぐろトロワサビ特上丼

¥1,300

ドン。

 

白ご飯が見えなくなるほどどっさり載せられたマグロ(赤身&トロ)は見るだけでテンションが上がる美しいビジュアルです。当然ながら味も最高。

 

上に乗っているワサビ付きトロは口に入れると甘い脂が広がります。ワサビの配分もいいですね。適度なアクセントになっています。

 

豪快。

海苔の下に潜んでいるのは「中落ちの漬け」で、これがまた最高に美味いんです。甘めの醤油が染みこんでいて箸が止まらなくなります。

 

マグロだけに留まらず。さらにその下に隠れている酢飯は硬めの仕上がりで、白ゴマの風味が旨味を増幅。1杯に、無数の魅力がちりばめられていました。

 

お好みで醤油をかけられますが、漬けマグロのおかげでそのまま食べられるほどの味が付いています。ちなみに、かなりボリューミー。体育会系の私が苦しいほど満腹になりましたのである意味注意が必要です(笑)

 

もう1つ注目してほしいのが、丼ぶりの横にある漬け物です。細かくカットされたリンゴが入っていて、独特の甘酸っぱさがクセになる美味しさでした。

 

 

 

予算

💰¥1,300💰

 

良質なマグロのトロを腹一杯食べられるのだから、お手頃価格だと思います。ランチの平均予算を考えれば高いかもしれませんが、満足度はそれを軽々上回ります。

 

 

夜の平均予算は¥5,000〜¥7,000とのこと。マグロの他にもイカ、エビを使った海鮮料理をいただけるそうです。

 

 

お酒の種類も豊富で、全国各地から取り寄せた日本酒がズラリと揃います。アットホームな雰囲気のなか美味しい魚をアテに酔っ払う—。至福のひとときが容易に想像できますね😋

 

 

 

食材

産地はさまざま。奄美大島、インドネシア、地中海といった世界中から仕入れた個体を刺身、カマ焼き、ほっぺたステーキなど多種多様な方法で食べることができます。

 

260㌔のクロマグロの骨

店頭にはこんなモノが。

〝マグロ感〟を前面に押し出したお店なのです。

 

 

 

感想

福島でランチするなら是非。駅から少し離れていますが、貴重な昼休みの時間を削ってでも行くべきお店だと感じました。

 

 

列ができるほどの人気ぶり。とはいえ回転率が早いから最長でも20分待てば入店できます。多様化するランチにおいてマグロを浴びるようにいただける「しづき」さんは希少です。

 

 

今回はランチでお邪魔しましたが、夜も根強い人気を誇るお店。次回は酔っ払いに行きたいと思います。

 

 

 

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 福島駅新福島駅野田駅(阪神)

しづき魚介・海鮮料理 / 福島駅新福島駅野田駅(阪神)
昼総合点★★★☆☆ 3.8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です