【福島】桁違いにデカい大衆寿司。大阪で飲み過ぎたあとに軽くいただくのもアリ〜『双葉寿司』〜

 

 

頻繁に訪れるエリアだけに前から認知はしていたが、どうも入る気にならなかったお店だ。なぜなら、お世辞にも綺麗とは言えない外観で美味いイメージが出来なかったから。しかし今回、一緒に飲んでいた友人が常連だと言い出したので、一軒目の鉄板焼きを早めに切り上げてお邪魔した。今まで避けていた事を後悔したのは言うまでもない…。

 

 

店舗情報

基本情報

『双葉寿司』
・新福島駅から徒歩約1分
・予算:¥3,000〜¥7,000
・営業時間:17:00〜

 

外観

人通りの多い福島の2号線沿いに、ひときわ老舗感醸し出している。『旨い!安い!早い!』という力強い看板が目印だ。

 

 

内観

意外にも、と言ったら失礼かもしれないが、外観から想像していたよりもうんと綺麗に整えられた店内。年配夫婦が2人(来店時)で切り盛りしていて、カウンターの中に大将、ホールにお母さん。22時来店ということでたまたま空いていたからか2人で優しく接客してくれた。

 

お料理

たい

¥400

2軒目としてお邪魔したのでいきなりお寿司からスタート。まずなによりその「デカさ」に驚かされる。ネタもシャリもとにかくビックサイズで、肌感覚だが一般的なモノと比べて1.5倍はあるのではないだろうか。 当然ネタは肉厚なので、食べ応え十分だ。

 

 

ウナギ

¥600

肉厚で炙りたてのウナギがシャリにドカン。もはや寿司なのか?と疑ってしまうほどボリューミーで、本当にうまい。ウナギの「カリフワ」な食感とギッシリ詰まったシャリの融合は、なんとも言えない満足感を与えてくれる。

 

 

はまち

¥400

シャリに乗り切らないサイズで、こちらも厚さ5.6mmあるのでは?というほど前代未聞の肉厚さ。旬なだけに脂がたっぷりと乗っていて、そうとう美味い。

 

 

えび

¥400

本来持つ濃厚な甘味をさらに強化させる「甘ダレ」が、絶妙な旨みを引き出している。ぷりっぷりの食感と、口の中を覆い尽くすほどのサイズ感が、旨さを増幅させている。

 

 

かにみそ

¥400

写真では伝わりきれないが、これほどミソがギッシリ詰まっている巻きは初体験だ。シャリより多いのでは?と思うほどの分量。潮の香りが強く、お酒を飲みたくなる…。

 

 

予算

💰 ¥2,300💰(1人あたり)

 

 2軒目ということでお寿司のみ頂いてこのお値段。腹ペコで行ってお酒を飲めば1人¥7,000ほどだろう。握りは全て2貫のお値段で、前述したように、ネタもシャリもかなり大きい。同エリア高級店とは比べものにならないほど良心的なお値段で、満足できるお寿司が味わえる。

 

 

感想

職人肌の大将と、笑顔がステキなお母さんが作り出すアットホームな雰囲気は本当に魅力的でまた行きたくなる。「うまいです!」と伝えるとめちゃくちゃ喜んでくれて、こちらまで笑顔にさせられた。

 

回転寿司は好きじゃないけど、高級寿司に行くほどお金に余裕はない、でも美味しい寿司が食べたい、という人にオススメだ。数多ある大阪の寿司屋の中でも気負うことなく普段使いできるお店は貴重。家族経営ならではの小規模な店内で、桁外れに大ぶりなお寿司をぜひ、味わってほしい。

 

関連ランキング:寿司 | 新福島駅福島駅中之島駅

双葉寿司寿司 / 新福島駅福島駅中之島駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です