【玉出】『やきにく虎坊』住之江区にある和牛の希少部位天国。

『やきにく虎坊』
四つ橋線 玉出駅徒歩5分
想定予算¥5,000〜¥7,000
定休日:月曜日、営業時間17:00〜
お席:カウンター、テーブル約14席

 

 

 

 

 

 

和牛の希少部位であふれる『やきにく虎坊』

大阪メトロ四つ橋線から徒歩5分の『やきにく虎坊』。インスタグラムのストーリーズで「大阪で好きな焼肉店は?」と質問したところ5人以上のフォロワー様がこのお店だと答えてくれました。

 

 

希少部位だけのメニュー表

期待を胸に入店した私の目に飛び込んできたのは、見るだけでテンションが上がる希少部位だけのメニュー表。赤身から脂の多い部位へ順番に書かれているあたりにお店の配慮を感じます。うまそう。

 

 

サッパリ赤身のウワミスジ

¥1,500

肩甲骨の内側に位置する薄い赤身肉「ウワミスジ」。ミスジよりも脂が少なくサッパリとした味わいが特徴です。

 

 

赤身肉は焼きすぎると硬くなってしまうので要注意。レアもしくはミディアムレアでいただきました。脂が少なくサッパリしているのに柔らかい。そのギャップに魅了されました。

 

 

鮮やかなサシが印象的な上塩タン

¥980

タンの常識では考えられないほどたくさんのサシが入った上塩タン。美しいビジュアルには神々しさを感じます。

 

 

「タン刺し」として出てきても違和感のないお肉。両面を軽く炙る程度で。タン特有の歯応えとジューシーなサシのコラボに圧倒されます。

 

 

モモ肉の王者マルシン

¥1,500

モモ肉に該当する希少部位。その中でも最も希少と言われているのがこのマルシンです。

 

 

コロコロ裏返しながらバランスよく火を通していただきます。“肉欲”を満たしてくれたジューシーな旨味は今でも忘れられません。

 

 

牛肉の女王ヘレ肉で〆

¥2,300

最後にいただいたのはヘレ肉。さすがは牛肉の女王。その美しいビジュアルには圧倒的な存在感が。

 

 

マルシンと同じくコロコロ裏返しながら慎重に火を入れ、ワサビとニンニクを乗せて白米へ。ご飯を巻き込みながら口にかきこみました。あえて感想を言うまでもありません。最高でした。

 

 

 

 

1人7000円を下回ってくる

約13,000(2人)

 

これだけ希少部位を食べて、お酒もしっかり飲んでこの値段。東京都内なら倍はくだらないはず。お肉においしさに圧倒され、リーズナブルな価格設定にも圧倒されました。

 

 

 

 

やきにく虎坊に似ているお店

【八尾】『焼肉いまちゃん』タン元と特大ロースにウットリさせられた夜の話。

2021年9月18日

【西九条】『安兵衛』40年以上愛される高架下の和牛焼肉

2021年6月26日

やきにく虎坊に似ている美味しい焼肉店。

 

 

やきにく虎坊の近くにあるお店

【聖天坂】『焼肉やまもと』西成区の岸里で根強い人気を誇るお店に行ってきました。

2022年1月22日

やきにく虎坊の近くにある美味しい焼肉店。

 

 

やきにく虎坊を予約する

ディープな街にあるやきにく虎坊。ご紹介した赤身肉はどれも秀逸。お酒にもご飯にも合うそのお肉には幸せが詰まっておりました。皆様もぜひその衝撃を感じてください。

やきにく 虎坊焼肉 / 玉出駅粉浜駅東粉浜駅
夜総合点★★★★ 4.2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です