【特集】大阪の1人でいける美味しいお店を教えます。周りの目が気にならないソロ向きのお店です。

 

 

大阪の1人でいけるうまい店

 

【天満】焼肉のぶ

大阪で一人焼肉するならココ。天満駅徒歩5分の『焼肉のぶ』

 

 

とかいいつつ店内の写真を撮ってません。ごめんなさい。カウンター6席のみ。隣の席と距離が空いているため1人でもいけます。

 

 

上ロース

¥950

そんなお店のお肉がやばい。焼肉はしぶい店が美味いと言いますが、ここに関してはその通り。とにかく肉質がいいんです。

 

 

塩タン芯

¥2,000

タン元とも呼ばれるタンの中で最も肉厚な部位です。ぶりんぶりんのセクシーな食感。最高でした。

『焼肉のぶ』
・想定予算¥5,000〜¥7,000
・休み:不定休、営業時間17:00〜
※情報はすべて2020年6月時点※

 

 

 

 

【北新地】11点

堂島アバンサ南のビルに入っている『11点』。飲み屋が名を連ねるなか、

 

 

めちゃくちゃ家庭的なお店が存在しています。L字カウンター6席のみ。こじんまりとした店内は1人で飲むにピッタリです。

 

 

餃子

¥500

「ウェルダンです!」と言いながら出してくれました。焦げが強いけど焼きすぎたワケではなく、こういうスタイルだそう。

 

 

塩ダレでいただきます。うまいっす。一口サイズのため、ついつい食べすぎてしまうパターン。『11点』に行くなら必ず!

 

 

他にも美味しいおつまみがそろってます。

『11点』
・想定予算¥2,000〜¥4,000
・休み:土.日.祝、営業時間18:00〜
※情報はすべて2019年6月時点※

 

 

 

【阿波座】チリレンゲ

阿波座駅から徒歩約5分。人通りの少ない場所にある『チリレンゲ』です。麻婆豆腐が爆裂においしいお店。

 

 

カウンター席が〝1人中華〟にピッタリなんです。隣席と距離があって、かつ、テーブル席のお客さんと目が合わない配置。

 

 

四川麻婆豆腐

¥1,280

そんなお店の名物です。オイリーでスパイシーな麻婆豆腐。汗が吹き出すけどレンゲを持つ手が止まりません。うまい。

 

 

パリパリ春巻き

¥1,280

他にもハイレベルな定番中華料理がそろっています。おススメです。

『チリレンゲ』
・想定予算¥3,000〜¥6,000
・休み:日曜日、営業時間17:30〜
※情報はすべて2019年3月時点

 

 

 

 

【西田辺】おいしかよ

西田辺駅から徒歩7分の『おいしかよ』。未開拓エリアで発見した驚愕レベルのお店です。

 

 

カウンターでの1人飯は大いにアリ。座敷席が奥の見えないところにあるので、周りの目を気にせず楽しむことできます。

 

 

甘鯛

「ふわふわの上のふわふわ」とか意味わからない感想が出るぐらいふわふわ。うまい。

 

 

鴨の生ハム

食べたことのない料理の連続がめちゃくちゃ楽しい。これらの料理およそ20品が、なんと、¥3,500コースで楽しめちゃいます。

『おいしかよ』
・想定予算¥4,000〜¥7,000
・休み:不定休、営業時間17:30〜
※情報はすべて2020年7月時点

 

 

 

 

【北新地】酒肴人 三昧人

北新地駅徒歩3分の『酒肴人 三昧人』は800種類以上のお酒が楽しめるダイニングバーです。

 

 

広々としたカウンター席は、1人でもゆったりと過ごすことができます。お酒を一望しながら酔っ払う時間は幸せ以外の何者でもない。

 

 

エノキ軸だけステーキ

¥790

食べたことがない独創的なメニューがそろっています。こちら⬆︎は、通常は捨てられるエノキの根元を活用した料理。ステーキの名に恥じぬジューシーな味わいです。

 

 

松茸キノコ炊き込みご飯

¥1,980

シメもうまい。

 

 

粒立ったお米と松茸の風味を前に、食欲が爆発します。お酒に合うつまみだけと思っていたら、まさかの松茸ご飯。最高でした!

『酒肴人 三昧人』
・想定予算¥8,000〜¥15,000
・休み:月曜日、営業時間17:00〜
※情報はすべて2019年11月時点

 

 

 

まとめ

かくゆう私も1人飯に積極的ではありません。そんな私が「1人でも楽しめる!」と確信した店だけピックアップしました。皆様もぜひ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です