【インタビュー】「ブラック業界というイメージを払拭したい」。大阪・中崎町『焼肉たまき』の代表が考える、飲食店のあるべき姿とは?~後編~

 

本当にうまいお店を「人」という切り口から掘り下げるインタビュー企画。第1弾は中崎町『焼肉たまき』の代表:岩代康弘さんです。

 

後編では「掘り下げて良いのかな?」と迷っていた話題にツッコみます。

 

「スタッフの労働環境、大丈夫ですか?」。

 

焼肉店としては異例の朝5時まで営業(日.祝は朝3時)で、そこに、前編で紹介した利益を圧迫するほどの「お客様ファースト」精神が加わります。

 

客としてこれほどありがたいことはありませんが、一方で、スタッフは過酷な労働環境を強いられているのでは?

 

代表に聞きました。

 

 

 

スタッフの家族まで支える

 

(きためし)
前編では焼肉にかける思いを知ることができました。ここでズバリ聞かせてください。あれだけ低価格なうえに朝5時まで営業。従業員の方はめちゃくちゃ大変なのではないでしょうか?

 

(岩代さん)
お客様第一とはいえ、お店に関わる全ての人がウィンウィンの関係になるよう徹底しています。もちろんスタッフもです。

 

岩代康弘 1973年12月30日生まれ 中崎町にある『焼肉 たまき』代表

 

【中崎町】『焼肉 たまき』~肉好きが悶絶する大阪の焼肉店。上質なブランド和牛をお手頃価格でいただける~

2019年5月17日

 

(きためし)
具体的になにを徹底しているのでしょうか。

 

(岩代さん)
まず、常に4人体勢で回せるようシフトを組んでいます。20席ほどのキャパではかなり多い方ですよ。スタッフの負担を少しでも軽減できるように。

 

(きためし)
(たしかに多い。1人で辛そうな店けっこうある)
(岩代さん)
通常営業日は16時30分ごろから仕込みをはじめて、ラストオーダーが朝の4時ごろです。時間だけ見ればかなりハードですが、1人につき2時間の休憩と、それとは別に短時間の休憩を必ず取ってもらっています。労働基準法は徹底的に守っています。当たり前ですが。

 

(きためし)
2時間以上…!

 

「当然ですよ」

 

(岩代さん)
また、賄いでは、ヘレステーキなどお店のお肉を食べてもらっています。スタッフ自身が「美味しい」と思っていないとお客様に伝わりませんからね。

 

(岩代さん)
給料を含めた待遇も、飲食業界ではかなり良い方だと確信しています。詳細の金額まで言えませんが、スタッフが頑張れば頑張っただけ還元するように徹底しています。

 

(きためし)
(止まらない)

 

(岩代さん)
その分、利益は減りますよ。ただ、スタッフのモチベーションを高く保つことの方が長期的に見れば圧倒的に大事です。生き生きした表情で働いているかどうかはすごく大事。お店側の雰囲気はお客様に伝わりますからね。あと、待遇面だけじゃなく、一緒に食事にも行きますし、社員旅行も1年に2回以上は行ってます。そうやって、心地良く働ける環境を作れば、自然と、お客様にとっても心地よい店になっていくと思うんです。

 

(きためし)
ものすごい徹底ぶりですね。同時にもう1つお聞きしたいことが出てきました。飲食業界は「ブラック」というイメージがありますよね。労働環境に強いこだわりを持つ岩代さんは、何か思うことがあるのではないでしょうか?

 

(岩代さん)
もちろんです。

 

(きためし)
(やっぱり)

 

待ってましたと言わんばかりに話しはじめた岩代さん

 

(岩代さん)
忙しいのに給料が低いというイメージがありますよね。他店のことは分からないのでなんとも言えませんが、『たまき』の話をすると、代表である私自身、焼肉を食べにいく以外にお金を使うことがほとんどないため、従業員に還元できているのではないか…とは思いますね。

 

 

 

見据えるは多店舗展開

 

(岩代さん)
本当に焼肉にしかお金を使いません(笑)。その分、スタッフに十分な給料をあげて、労働時間を減らす。スタッフを雇うということは、その家族まで私が責任を持たなければいけないということですから。働きやすい環境作りは何より大切にしています。

 

(きためし)
岩代さんの熱意が強すぎて感動しています。では最後に、いま描いているビジョンを教えていただけますでしょうか。

 

(岩代さん)
いえいえ(笑)。今後は店舗を増やしていきたいと思っています。利益より大事なコトはたくさんありますが、やっぱり、より多くの人に魅力を伝えるために、スタッフに幸せになってもらうためにもお金は必要です。そのための多店舗展開ですね。

 

(きためし)
『焼肉たまき2号店』といった具合でしょうか?

 

(岩代さん)
まだ決まったワケではありませんが、焼肉はもちろん、最高等級のお肉を使った様々なお店を展開していきたいと思っています。

 

(きためし)
絶対行きます。

 

(岩代さん)
ありがとうございます(笑)。楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

食はエンターテイメント

 

(きためし)
先ほど「最後」と言ったのにすみません。もう少し聞かせてください。岩代さんが思う、飲食店経営において大事なことを教えていただけますか。

 

(岩代さん)
自分が心の底から美味しいと思うモノだけを提供する。これに尽きます。自分が美味しいと思ってはじめてお客様に伝わると思うんです。

 

純度100%の笑顔でおっしゃいました。

 

(岩代さん)
もう1つは、お客様の声を聞くことですね。ありきたりですがやっぱり大事です。良い意見はありがたく受け取って、悪い意見もしっかり聞いて改善する。生の声はもちろん、SNSに寄せられた意見も全てチェックしています。食はエンターテイメント。皆様と一緒に創り上げていく感覚はすごく大事だと思います。

 

(きためし)
(ドンドン出てくる…!)

 

(岩代さん)
自分自身が進化し続けることも大事です。いまでも週2回は必ず焼肉を食べに行くのですが、それは知識の幅を広げるためです。ただ好きだからというのもありますが(笑)。ここまでやっている人は少ないのではないかと思います。

 

まだまだ出てきそうでしたが…。

 

(きためし)
そろそろ時間となります。これが本当に最後の質問です。『焼肉たまき』の強み。そして、「これだけは食べてほしい!」というメニューを教えてください!

 

(岩代さん)
強み。そうですね。焼肉店ではありますが焼肉の常識に縛られないようにしています。例えばヘレステーキ(シャトーブリアン)は塩で食べるのが一般的ですが、タレも提供しています。邪道といえば邪道なのですが、タレにはタレの美味しさがあります。お客様に選んでもらえば良いんです。『うにく』や『トリュフ卵かけご飯』なんか、昔の焼肉店にはありませんでした。でもいまはSNSの影響もあり、いろんなメニューがあった方が楽しんでいただけます。そういう意味で、常識に縛られず挑戦を続けているのは強みかと思います。

 

(きためし)
(お店の話になると止まらない岩代さん。愛がすごい。

 

【中崎町】『焼肉 たまき』~肉好きが悶絶する大阪の焼肉店。上質なブランド和牛をお手頃価格でいただける~

2019年5月17日

 

(岩代さん)
オススメメニューですね。全部なので困りますが…。あえて言うなら『キムチの王様』と『ヘレステーキ』ですかね。とにかくめちゃくちゃ美味しいです。キムチの王様は日経レストランメニューグランプリで初代グランプリに輝いたメニューなんですよ。でも、やっぱり全部美味しいので、全部食べに来てもらいたいです!(笑)

 

(きためし)
愚問でしたね。すいません!(笑)今回は本当にありがとうございました!!

 

 

 

(終わり)

 

『焼肉たまき』のレビュー記事で「心配するほど安い」という言葉を使ったことがあります。

 

お肉のクオリティに対して価格があまりにも低いからです。

 

しかし、今回のインタビューで分かったのはそんな心配は無用だということ。

 

強烈な原体験と信念から生まれた経営方針は、短絡的に見えて実は合理的でした。

 

今後、ものすごいスピードで店舗を拡大していくのではないかと予想します。

 

ズバ抜けたおもてなし精神で客を満足させる名店。みなさまも是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

焼肉たまきのレビュー記事はこちら!

【中崎町】『焼肉 たまき』~肉好きが悶絶する大阪の焼肉店。上質なブランド和牛をお手頃価格でいただける~

2019年5月17日

 

 

岩代さんのInstagram

『焼肉たまき』代表:岩代さんのInstagramアカウント

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です