【南森町】とろっとろの塩タンは悶絶級。大阪のユニークな空間で絶品和牛を食い尽くせ〜『焼肉 どて』〜

 

 

未体験の魅力を求めて食べ歩く私の記憶に、『どて』は深く、深く刻まれています。こだわりの仕入れ、調理方法、ユニークな雰囲気作り。客を満足させるための数多の工夫に癒されて、誰もが笑顔で帰路に付いていく。そんな、極上の体験を提供してくれるお店の魅力を、皆さんにお届けします。

 

 

店舗情報

基本情報

『焼肉 どて』
・南森町駅から徒歩約5分
・予算:¥5,000〜¥7,000
・休み:不定休。営業時間:17:00〜27:00

 

外観

人も店も少ない静かな通り

南森町駅から西へ歩くこと5分。西天満公園西隣ブロックに、ポツンと灯りが見えてくる。

 

熊本和牛「和王」の旗が目印。スタイリッシュな看板の下から覗ける店内は、賑やかな雰囲気であることが一目で分かる。周辺には、知る人ぞ知る隠れた名店が多いそうだ。

 

内観

賞状や著名人のサインが

カウンター10席、テーブル4卓。棚上には著名人のサインがたくさん飾られている。

 

今回はテーブル席で。席間が広く、ゆったりとした空間な上、カーテンを下ろせば半個室にできるなどいろんなパターンに対応可能だ。

 

メニュー

オススメメニューはこちら。これが全てではないが、お肉はほぼ、この中から注文した。料理の紹介の前に突っ込んでおきたい、気になる点が…笑

 

遊び心たっぷり

メニューの最後のページに「美女と野獣」「ライト兄弟」「安全ベルト」といった遊び心満載のワードが並んでいる。実の兄弟店主によるユニークな〝おもてなし〟?

 

そういえば、店頭にあった求人募集欄には「店長より可愛ければ即採用!」との文字があったような…。店長、ゴツメの男性なのだが笑

 

ドリンクメニューも同じく遊び心満載があって、何か分からないモノもあったが、とりあえずビールで乾杯。

 

「凍る直前」と言えるほどキンキンに冷えていて、疲れが吹き飛んだ。

 

お料理

白菜キムチ

¥420

辛すぎないマイルドさが特徴で、それでいて、しっかりとしたコクもある日本人好みの味付けだ。

 

もやしナムル

¥380

濃い目の塩味にごま油が少し効いている。

 

名物!!どて煮

¥500

「モツ煮」のような味付けの、しっかり煮込まれた「牛すじ」。温かい上、一味がピリリと効いていて、寒い季節にピッタリだ。

 

噂の塩タン

¥1,680(2人前)

衝撃の美味さです。店員さんが「生でも食べられるほど新鮮なんです!」と言いながら出してくれた「噂の塩タン」。両面を5秒炙るだけで頂けるほど新鮮なのだ。

 

その日仕入れたタンを一度も冷凍させず、高鮮度を保ったままオーダーカットしているから、とろけるような食感を生んでいる。繰り返すが、衝撃的な美味さ。必ず注文して頂きたい。

 

どて盛り

¥5,980(クリミ、コブ肉、肩ロース、みすじ。これで1人前とボリューミー)

日替わりの赤身肉4種盛り。すべて美味かったので、すべてを紹介する。

 

肩ロース

スジが気になるけど…

取り除くはずのスジが残っているが不思議と柔らかく食べやすい。さっぱりとした脂がタレとマッチして、白飯が欲しくなる。「クラシタ」と呼ぶこともある部位。

 

クリミ

歯ごたえ抜群。それでいてしつこくない。「クリ」と呼ぶことが多いこちらの部位は、レア気味に焼き上げ、塩&わさびで頂くのが良いだろう。さっぱりとした肉の良さを、余すことなく味わうことができる。

 

ミスジ

一般的なミスジよりサシが多く「もしかして脂っこい?」と思ったけど心配無用。歯切れの良いあっさりした食感がたまらない。

 

コブ肉

肉質が硬いため提供しているお店が少ない部位だが、こちらは十分、焼肉として楽しめる。クリと同じく塩&わさびが良い。

 

4種類ともに言えるのは「脂が甘い」ということ。味わいはしっかりしつつ、しつこくない。本当に美味しかった。1枚1枚が大ぶりで2.3人前の量があるから大人数にもピッタリのメニューだ。

 

トロてっちゃん

¥880

仕入れで美味しくないと判断したら門前払いするという、文字通り「厳選」されたホルモンだ。脂に甘みがあってこちらも美味。

 

ツラミ

¥980

ツラミ特有の噛み応えある食感はどこで食べてもクセになる。白飯必須だ。

 

予算

 

💰¥14,800💰(2人あたり)

 

「どうしても高くなっちゃうんです…」。

食材への強いこだわりから、申し訳なさそうに話した店主。いやいや、そんなことありません。

 

ビールと焼酎水割り2杯ずつにマッコリ1杯でこの値段。使用しているお肉の質を考えれば妥当だと思います。よく食べる男2人でしたから、平均予算はもう少し低いかと。

 

コースは『美女コース』(11品.¥5,000)と『野獣コース』(12品.¥6,500)の2つ。個人的には「噂の塩タン」を必ず食べて欲しいので、何が何でも注文してほしいです。それくらい、衝撃的な美味さですから。

 

食材

 

熊本産黒毛和牛「和王」をはじめとする全国の和牛から、〝メス牛〟だけを厳選して使用。オス牛よりも皮下脂肪が多くて柔らかいと言われており、とろけるような食感はここから生まれています。

 

ちなみに、「衝撃的にうまい」と紹介した「噂の塩タン」は、さらに柔らかい3歳未満のメス牛を使用されています。とことんまでこだわったお肉は、美味しくないわけがないのです。

 

感想

 

朝3時まで営業していたり、フリーwi-fiが飛んでたりと、料理以外にも、客が嬉しい要素が揃っています。カウンター席では1人焼肉されている方もチラホラいて、どんな状況でも楽しめるお店だという証拠です。

 

遊び心が溢れていると思いきや、お肉は本格派で驚かされました。店頭の求人案内やメニューの名前はユニークなのに、お肉は超王道。名店ひしめく大阪の焼肉界隈で、トップクラスの満足感を味わうことができました

 

 

関連ランキング:焼肉 | 南森町駅大阪天満宮駅なにわ橋駅

焼肉 どて焼肉 / 南森町駅大阪天満宮駅なにわ橋駅
夜総合点★★★★ 4.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です