【西田辺】『おいしかよ』大阪・鶴ヶ丘の驚愕レベルに美味しいリーズナブルコース料理〜

『おいしかよ』
・西田辺駅 徒歩7分
・平均予算¥4,000~¥7,000
・お席:カウンター、座敷

・定休日:不定休 営業時間17:30~

※情報はすべて2020年7月時点

 

 

 

店舗情報

西田辺にひそむ驚愕のお店

未開拓エリアに驚愕レベルのお店がありました。『炭火焼酒楼おいしかよ』。御堂筋線西田辺駅徒歩7分です。

 

大衆的な店内から特別な雰囲気は感じないけど、料理は特別中の特別です。百聞は一見にいかず。紹介していきますね😁

 

 

 

¥3,500おまかせコース

トリガイ炙り

いきなりインパクト抜群。ぷりぷりとコリコリの間ぐらいの食感で、磯の香りが引き立て役です。

 

刺身盛り合わせ

左から

  • カワハギ黄身醤油
  • 大間のマグロ赤身
  • 瀬戸内海エイヒレ刺し

オリジナリティに驚かされて味にも驚かされる。エイヒレが刺身で出てくるなんて話が違う。

 

銀鱈あぶり

「シメサバですか?」と聞いたことは内緒にしたい。炭焼きの演出に盛り上がったあと、

 

いただきました。香ばしさとふわふわ食感が秀逸です。

 

料理名忘れたけど、ハモ、シラス、ジュレ、一番下にアワビが盛り付けてありました。もううまい。

 

甘鯛

「ふわふわのもう1ランク上のふわふわですね」とワケ分からん感想を述べたけど、大将が「言いたいことはわかります」と共感してくれたのでセーフ。本当にそんな食感で、めちゃくちゃうまい。

 

イクラの下にウニゼリーとベニズワイガニを潜ませた芸術小鉢。高級食材をこれでもかと詰め込んでます。この辺りで多くの人が疑問を抱く。「ほんまに3,500円?」。

 

 

 

伝助アナゴの天ぷら

肉厚、ふわふわ、揚げ加減最強の3拍子がそろってる。

 

冬瓜の天ぷら

外はアツアツ中はアツくないという舌が混乱する一品。自然の甘みとはこういうこと。めちゃくちゃ甘い。そしてうまい。

 

うなぎをバケットで挟みゴルゴンゾーラソースをたんまり付けていただく。もちろん初体験。うまい。

 

かぶら

お口直し。

 

ふわふわのハモがまずうまいし、供えつけの「おかひじき」がまたうまい。

 

鴨の生ハム

知らない料理の連続に楽しくなってきます。生ハムも最高だが、生春巻きで巻いたポテサラも最高だ。

 

ランプとハツのユッケ

あれ、卵は?と思ったら

 

新スタイルで登場しました。お肉を口に入れた状態でストローを吸えばユッケが完成。エンターテイメントですな。

 

うにく

いわゆる「うにく」とは一線を画してる。食材の旨みを身に付けた鰹出汁が秀逸。

 

ハンバーガー

つくね、ポルチーニトマト味噌ソース、トマトのピクルスを挟んだハンバーガー。うまい。てかこのコース、いつまで続くんや。

 

 

京鴨

弾け飛ぶ肉汁、赤身のうまみ、最高です。

 

アグー豚野菜巻き

水なすと一緒に。「うまい」と言うのが疲れてくるほど旨味が続きます。

 

ヘレカツ

愛知県・知多牛のヘレ肉を贅沢に。さすが牛肉の王様。しっかり赤身なのにやわらかい。

 

手羽先(シメ)

どこがシメやねんと思うかもしれないが、手羽先の中に炊き込みご飯が詰め込まれてます。中の写真は撮ってない。

 

中盤から卵黄につけたらTKGにもなる仕掛けでございます。最後の最後まで驚きの連続でした。

 

 

 

 

ドリンク

日本酒

盛り上がりすぎて銘柄忘れました。シャンパングラスっていい。他にもビールやらハイボールやらをたらふくいただきました。

 

 

 

お値段

💰約¥24,000(4人)💰

 

お酒を5杯ずつ飲んでコレです。コースの内容、量を思い出してください。やばいです。コースならどれだけ飲んでも1人¥7,000以内で収まるでしょう😁

 

 

 

 

 

似てるお店は?

【心斎橋】『酒肆ポンシェビ』〜大阪難波のハイレベル日本酒料理。酒も料理も旨すぎてヤバい~

2020年3月6日

【天神橋筋六丁目】『カラフル』~日本酒に合う独創的な和食が味わえる大阪の隠れ家は酒好きが絶対ハマる~

2019年10月10日

リーズナブルなコース料理と言えば。

 

 

まとめ

キタエリアから離れてますが、時間をかけて行く価値がありすぎて溢れてます。季節によって食材が変わるので今後は冬に行ってみたい。皆様も堪能しちゃってください🙆‍♂️

おいしかよ居酒屋 / 鶴ケ丘駅西田辺駅長居駅
夜総合点★★★★ 4.0

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です