グルメニュースNo.10~2ヵ月も休む飲食店!?~

 

よりよい美食活動を行うため、日々、情報収集している運営者が気になった話題をピックアップする「グルメニュース」。ここ2週間のニュースをまとめた。

 

 

 

大阪のニュース

天王寺区】こんなところにくら寿司オープン!

画期的な店舗展開が話題のくら寿司。今度はインバウンド狙い。外国人がたくさん訪れる新世界での出店。アプリ経由の値引きなどなど。さまざまなニーズに対応しようという姿勢は他を圧倒しています。

 

それにしても1皿88円はお得すぎますね。

 

 

 

出発前までグルメ三昧!関西国際空港の食いだおれグルメ10選

粋な特集。出張が多いビジネスマンは特にありがたいですね。寿司、ラーメン、鉄板焼きと幅広く紹介しているのが良いです。個人的には寿司屋でほろ酔いになり、機内で爆睡する至福を味わいたい(笑)。

 

 

 

 

その他のニュース

島根邑南町の飲食店が2カ月連続で休める理由

「なるほど!」と声が出ました。比較的アクセスの良い田舎にて上質な食材を都心ではあり得ない低価格で提供する。経営者、料理人、客、地域。関わる全てにメリットを与えるビジネスモデルです。

 

「稼げない」が当たり前と言われる飲食業界のあたらしい概念ですね。飲食店経営にチャレンジしようとしている人は必ず読むべき。自ら激戦区に飛び込んで、厳しい競争に体力を擦り減らし、本来やりたかった事が全く出来ない…。そんな人が多いと聞きますから。

 

大阪市内から1時間圏内の地域で開店、も大いにアリだと思います。

 

 

 

CAMPFIRE、グルメ分野のクラウドファンディングサービスを本格展開

飲食開店における一番の障壁は資金面。料理人の本当に作りたいものが、必ずしも利益につながるワケではない。そんな課題を解決できる素晴らしいサービスだと思います。

 

地域活性化にもつながり得る。プロの料理人によって特産品の魅力が増し、世界に向けて発信できる。インバウンドの数はまだまだ多いためチャンスが広がります。社会問題である「東京一極化」解決の糸口になるかもしれません。

 

 

 

世界中で焼肉が無料!まぐまぐの新サービス「にくにくプレミアム」待望の3店舗目を実施

目先の損失覚悟で全く違う価値を提供して顧客を増やしていく。あらゆるビジネスで参考に出来る戦略かと思います。東京五輪までに500店とは大きな目標ですね。

 

 

 

レストラン経営シミュレーション「大盛グルメ食堂」、Nintendo Switch版の配信決定

実戦に近いかたちで飲食店経営を学べるのは良いですね。ゲームだけに始める精神的障壁も低い。教材として売れそう。

 

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です