グルメニュースNo.7~鯨肉はどうなる!?

 

より良い美食活動を行うため、日々、情報収集している運営者が気になった話題をピックアップする「グルメニュース」。今回は、2/17~2/23で見つけたニュースをまとめた。

 

 

大阪のニュース

商業捕鯨再開で大阪の食文化どうなる?老舗クジラ料理店女将の複雑な胸の内

昨年末に日本政府がIWC(国際捕鯨委員会)からの脱退を表明したことで、2019年7月から商業捕鯨が解禁となります。昔から「安くて美味い」と人気を得てきた鯨だけに良い話題と思われがちですが、現場は戸惑いの方が大きいそうです。無制限に獲れてしまうために品質の低下が懸念されるとのこと。

 

他の魚よりも血抜きなどの下処理が難しく、精通した人でないと難しい。しかし、経験が浅い人も手を加えられるため、市場に出回る鯨肉の品質が落ちる可能性があるそうです。手放しで喜べない今回の政府の決断。どうなるか想像することしか出来ませんが、食文化の発展につながることを祈りたいと思います。

 

 

 

たこ焼はソースまでこだわってこそ完成!大阪産本醸造醤油とダシをきかせた甘辛『たこ焼ソース』を試食!

「食べてみたい」と言葉が反射的に出てきた記事ですね。理由はただ1つ。いま、全国には「照り焼きタマゴ」や「明太マヨネーズ」といったアレンジを加えられたたこ焼きが普及しています。しかし、大阪(関西)の下町で食べるたこ焼きはもっとシンプルで、ソース、鰹節、青ネギのみ。その点、こちらの、ソースにこだわったたこ焼きは関西人が惹かれコンセプトなのです。

 

 

 

「餃子フェス 2019」東京・大阪・広島で初の3都市同時開催が決定

2016年からの3年間で累計77万人の来場を記録しているまさに「モンスターフェス」ですね。同じ餃子といえどお店によってスタイルは大きく変わりますから、このように、一堂に回するイベントは非常に価値が高いと思います。

 

 

 

 

その他のニュース

高級寿司店の予約もすっぽかし… ホテルを悩ます外国人客の迷惑行動

対策を打たなければ深刻化が進むでしょうね。飲食店だけであれば、LINEやFacebookで常連さんのグループを作り、キャンセルが出た瞬間にアナウンスして対策されているお店があります。ただ、ホテル経由となると手間も増えますし、難しいですね。ただ、人口減少社会の日本においてインバウンドは貴重な貴重な市場ですから、受け入れつつ解決できる策を考えていくしかありません。

 

 

 

コンセプトは野球とゴルフ!?元プロ野球選手と女性オーナーが作ったユニークな焼肉店がオープン

実に興味深いコンセプト。一般人以上に食事の意識が高いスポーツ選手ですから、その需要を満たすウリがあれば繁盛すると思います(美味しいのは大前提)。いまや、味だけで差別化を図るのはほぼ不可能ですから。

 

 

 

G20メンバー国の料理を食べて豪華賞品が当たる

世界に誇れる産業は今や、食とエンタメだけだと思う。少し寂しいけど、紛れもない事実。こういった取り組みは全力で応援したいし、どんどんマネすべきだと思います。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です